学習サービスの国際規格「ISO29990」
ECCジュニア事業部に続き法人渉外部門でも認定取得
総合教育機関・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表:山口勝美)は、ジュニア事業部に続き「法人渉外部門」において、世界最大級の国際規格審査登録機関であるSGS日本法人より2012年4月に「ISO29990:2010」の認証を取得し、2012年5月11日に認証授与式が開催されましたことをご報告いたします。今後も継続的に学習サービス向上を図り、お客様にご満足いただける商品・サービスの提供に努めて参ります。
※認証の範囲は、ECC法人渉外部門本部、関東・近畿・中部及び九州事業所

<ISO29990とは>
ISO29990とは、公教育以外の教育・訓練のための学習サービスを提供している事業者向けの国際規格です。この規格には、教育・訓練における学習サービス事業者向けの基本的要求事項が定められており、品質面で専門的な学習サービス提供のための包括的なモデルを提供することを目的にしています。

■目に見えない「教育」を評価する国際規格
ECCは、カリキュラム・学習目標・成果の評価など、規格の要求事項に適合しながら、目に見えない教育の品質の「見える化」を図るべく、ISO29990の認証を取得しました。この規格では、学習サービスの品質にとどまらず、事業者自身の管理体制においても、クリアすべき様々な規格要求事項を設けています。
具体的な要求事項は以下の通りです。

●学習サービスに関する基準
学習ニーズの明確化、学習サービスの設計、学習サービスの実施、学習サービスの提供のモニタリング、学習サービス事業者によって行われる評価

●学習サービス事業者のマネジメントに関する要求事項
一般マネジメント要求事項、戦略及びビジネスマネジメント、マネジメントレビュー、予防処置及び是正処置、財務管理及びリスク管理、人事管理、コミュニケーションマネジメント、人的・物的資源の割り当て、内部監査、利害関係者からのフィードバック

≪プレスリリースに関するお問い合わせ≫
株式会社ECC 総合研究所・マーケティング部 広報担当:宮本
Tel: 06-6352-0148  Fax:06-6352-0138  Mail: kouhou@ecc.co.jp



Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrShare on VKBuffer this pageDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on YummlyShare on StumbleUponEmail this to someone